闇金ウシジマくん/真鍋昌平(1~38巻)の感想。モンモンがみつからない!

闇金ウシジマくん/真鍋昌平(1~38巻)の感想。モンモンがみつからない!

闇金ウシジマくん【38巻】の発売日:2016/9/20
(漫画:真鍋昌平、出版社:小学館)

モンモン、モンモンに大ハマリ。

闇金ウシジマくんは、社会の縮図を見事に表現しているマンガ作品。

・取る者 VS 取られる者。
・強者 VS 弱者。

主人公は丑嶋馨(うしじまかおる)

タイトル通りの闇金業者の社長。

ウシジマくんの経営する闇金会社「カウカウファイナンス」を巡り、トゴ(10日で5割の利子)で金を借りる者、取り立てる者ほか、それに群がる連中達のストーリー。

コミックの1~38巻まで、夢中になって一気読みした。

久々に「もう一度読み直す」と決めた作品。

最初、絵柄はイマイチに感じたが、慣れると「味がある絵」と感じる様になった。
またストーリーも面白いが、特に印象に残ったのは、


「モンモン、モンモン」


丑嶋は自宅に複数のウサギを飼っている。

コミックに自宅のシーンが出ると、周りに「モンモン」の文字列が。

「モンモン」「モンモン」「モンモン」

部屋が意味不明のモンモンだらけになるのが、特に印象的だった。

このマンガを読んでから、「モンモン」に大ハマリし、家や会社でもすぐに「モンモン、モンモン」と言ってしまう様になった。

今回、この記事を書こうと思い、「モンモン」がコミックの何巻で初めて出てきたのか?調べてみた。

コミックの1巻からパラパラパラっとめくりながら探してみた。


結果、


モンモンがみつからない!


20巻までめくっても見つからなかった。(汗)

いつも「モンモン」が出ている感覚だったのだが…

読み直す時に、探し直そうと思う。

↓ モンモン、モンモン


このコミックは保存版。古本屋には売らない。

闇金ウシジマくん、39巻の発売日は2017年4月28日。
早く読みたいモンモン!

<追記>

いま、テレビ実写版の「闇金ウシジマくん、SEASON-1」を見始めている。
TSUTAYAで旧作だった。

山田孝之が主演で、こちらも結構いい味を出している感じ。
実写版、もう少し背が高ければ更にバッチリなんだが、かなり面白い。

完全にハマッた。(笑)


⇒ 楽天みんなのレビュー「闇金ウシジマくん 38巻」

いやぁ、漫画って本当にいいもんですねえ!(笑)
↓ 漫画情報イッパイ
漫画ブログ 漫画感想へ
コメント
非公開コメント

漫画ブログ 漫画感想へ

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © マンガ・コミック新刊発売日メモ&感想 All Rights Reserved.